国語の教材研究のポイント・その2「文章構造は俯瞰でつかめ!」(動画)

国語の教材研究のポイント・その2「文章構造は俯瞰でつかめ!」(動画)

国語の教材研究のポイントその2
「文章構造は俯瞰でつかめ—構造をつかめば文脈がわかる!」

 小学校国語の人気教材「スイミー」(レオ=レオニ)を例に挙げて、説明しました。物語のクライマックスに着目する際には、全体を俯瞰でみることが大切です。

 「スイミー」のクライマックスへの着目については、下記の記事でも詳しく取り上げています。ぜひあわせてご覧ください。

アバター
2021年12月に行われた「読み研・冬の研究会」。わたしの講演では、教材研究の5つのポイントを紹介しました。その内容の一部を動画にしました。

その1はこちら。

執筆者

国語科教育研究者
国語の教師・国語科教育研究者として、40年にわたり国語授業の研究・実践を行う。全国各地の小・中・高校や教育委員会等を訪問して行った授業の助言・指導、講演は1000回を超える。