「スイミー」の授業[3]形象よみ-導入部の鍵を読む[板書案]

「スイミー」の授業[3]形象よみ-導入部の鍵を読む[板書案]
今回の教材:「スイミー」レオ=レオニ 作・絵/谷川 俊太郎 翻訳
【国語小2教科書 掲載/光村図書・東京書籍ほか】
アバター
「スイミー」の授業[1]では全体像(構造)を掴み、[2]ではクライマックスを捉えました。
今回からは、「スイミー」の形象や技法を見ていきます。
物語の中でもより重い役割を担う語・文=「鍵」に着目し、内容や表現にこだわりながら読み深めていきます。

▶︎「スイミー」の授業 全六回 [1] [2] [3] [4] [5] [6]
 
※今回は「形象よみ」段階にあたります。未読の方は、先に「物語の新三読法について」と「形象よみの授業」をご覧ください。

「スイミー」から重要な語や文=「鍵」を探す

  今回からは、「スイミー」の重要な語や文=鍵に着目し、形象や形象相互の関係を読み深めていきます。授業では、鍵の取り出し→鍵の読み深めという流れになります。

「スイミー」導入部の鍵の取り出し

 「スイミー」導入部の鍵の取り出しを行います。
 導入部における鍵の着目の指標は下記の五つですが、「スイミー」では「1.人物」に絞って考えていきます

 導入部の「鍵」の取り出しの指標

  1. 人物の設定(主要人物の性格や癖、外見、得意なこと、職業や家族や人間関係など)
  2. 時の設定
  3. 場の設定
  4. 先行事件(エピソードなど人物・時・場以外の設定)
  5. 語り手(語り手設定、語り手による予告・解説)

 ▶︎導入部の鍵の取り出し指標について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

アバター
導入部の「鍵」の取り出しの指標の五つは、すべての導入部に常に含まれるわけではありません。また、仮に五つが読める場合でも、「人物」は必須としても、それ以外は授業のねらい、子どもの学習の到達度により選択していくことが大切です。「語り手」については小学校上学年頃からの着目でよいと考えます。

例)「スイミー」導入部で鍵を取り出す授業の発問

アバター
まえばなしでは人物の紹介がされているね。まえばなしで特に大切な人物の紹介はどこの部分かな?
アバター
「みんな赤いにの」のところだと思います。
アバター
「およぐのは、だれよりもはやかった。」です。
アバター
どれも大事そうだね。
もう一つだけ大事な紹介があるんだけどな。
アバター
「名前はスイミー。」のところ!
アバター
名前だね!物語では実は名前ってとても大切な人物紹介なんだよ。

「スイミー」導入部の鍵の読み深め

 「スイミー」の導入部において、ぜひ授業で取り上げたい二箇所の「鍵」についてご説明します。

鍵1.みんな赤いのに〜まっくろ。

 まず、「スイミー」の導入部では次の一文のもつ意味が大きいと思います。

 みんな赤いのに、一ぴきだけは、からす貝よりもまっくろ。

 普通なら「スイミーはくろかった。」という紹介で十分です。
 しかし、ここではスイミーの「くろ」を何重にも強調しています。丁寧に見ていくと、ここには次の七つの技法・工夫が含まれていることがわかります。

  1. 「まっくろ」という体言止めによる強調
  2. 「まっくろ」の「真」という接頭語による強調
  3. 「からす貝より」と比べそれ以上という比況による強調(「からす貝」の「からす」もともとは隠喩)
  4. 「だけ」という限定による強調
  5. 「みんな」と「一ぴき」の数の対比による強調
  6. 「赤」と「くろ」という色の対比による強調
  7. 「のに」は、逆接的な意味をもつ助詞による強調

 7.の「のに」は逆接というだけでなく、本来であればそうあってほしくない、期待と違うという見方が含まれ、スイミーの「くろ」が異質なものとして、やや否定的に扱われていると読めます。

 そして、この「くろ」の強調がクライマックス「ぼくが、目になろう。」で生きてきます。導入部ではやや否定的に語られていた人物だが、(クライマックス部分で)その否定的な異質性こそが集団を救うというこの作品の主題の一つを生み出します。

例)「みんな赤いのに〜」を読み深める発問

アバター
では、「みんな赤いのに」から読んでいこう。
この文からどんなことがわかる?
アバター
スイミーがとっても黒いこと。
アバター
「スイミーはくろかった。」って言うだけでもいいのに、ここではわざわざ「みんな赤いのに、一ぴきだけは、からす貝よりもまっくろ。」って、ずいぶん黒を強調してるね
では、その強調の秘密をみんなと解き明かしていこう。ここで黒を強調するために文にどんな工夫があるか、探してみよう

 この後、一人で考える→グループ(またはペア)で話し合う→全体で話し合うという流れがおすすめです。

アバター
「まっくろ」ってただ黒いより、もっと黒い。
アバター
いいね。「まっくろ」と「くろ」違うよね。「まっ」がついてる。これは漢字で「真」なんて書くよね。(高学年だと「接頭語」と教えます。)その「まっくろ」には、もう一つ工夫があるよ。
アバター
「まっくろ」で文が終わっている。
アバター
そうだね。普通なら「まっくろだった。」と書くところを、ここでは「まっくろ」で止まっているね。こういうのを「体言止め」っていうんだよ。

 以上のようなやりとりで読み解いていきます。

鍵2.名前はスイミー。

 導入部で、もう一つぜひ着目していただきたいのは次の文です。

 名前はスイミー。

 物語や小説では人物の名前が重要な意味をもち、名前そのものに特徴や性格、出自などが暗示されることが多々あります。「スイミー」は「Swimmy」。「swim」=「泳ぐ」という動詞が含まれ、スイミーの泳ぎの上手さを暗示しています。実際、本文には「およぐのは、だれよりもはやかった。」とあります。

例)「名前はスイミー。」を読み深める発問

アバター
「スイミー」この名前からどんなことがわかる?
アバター
「ミー」って伸ばしているから速そうなかんじがする。
アバター
速そうなかんじがするね。
「スイミー」にはある大切な言葉が隠されています。それは何かわかるかな?
みんなが夏になるとすること。そういう教室に通っている人もいるかもしれない。
アバター
スイミング!スイミングと似てる
アバター
スイムって聞いたことある
アバター
スイムってどういう意味?
アバター
泳ぐことかな。
アバター
そう。「スイム」は英語で書くと「swim」。そして「スイミー」は「Swimmy」なんだよ。泳ぐという言葉が入った名前。ということは?
アバター
泳ぐのが上手。
アバター
そうだね。その前に「およぐのは、だれよりもはやかった。」ってあるけど、名前にもそれが入っている。
実は物語では、名前の中にその人の特徴が入っていることが意外とあるんだよ。

「桃太郎」もそうだね。みんなのよく知っている「スヌーピー」も実はそうなんだよ。 

 以上のようなやりとりで読み解いていきます。

「スイミー」導入部の鍵を読み深める板書案

 拙著『物語・小説「読み」の授業のための教材研究 ―「言葉による見方・考え方」を鍛える教材の探究―』では、「スイミー」のさらに詳細な教材研究を掲載しています。ぜひご覧ください!

掲載教材:「スイミー」「お手紙」「一つの花」「大造じさんとガン」「海の命」「少年の日の思い出」「字のない葉書」「故郷」

📕注:本文は、小学校国語教科書『こくご二上』(光村図書,2015年)による。教科書の分かち書きを通常の書き方に改めて引用した。

執筆者

国語科教育研究者
国語の教師・国語科教育研究者として、40年にわたり国語授業の研究・実践を行う。全国各地の小・中・高校や教育委員会等を訪問して行った授業の助言・指導、講演は1000回を超える。